レビトラにかかる費用とは

この薬は、バイアグラのデメリットを解消されていて、大いに使いやすくなっています。バイアグラだと、かなり発起も固くしっかりとできても、効果時間が短い、食事に影響されてしまうということで、なかなかうまく効果を実感できない、また改善に時間がかかるなどのデメリットも出てきていました。それを改善するとして、その効果は大いに役立つものです。

バイアグラよりもよくなっているのは嬉しいのですが、それなら費用はどのくらいになるよかと気になりませんか。この薬は、病院やクリニックで処方される場合と、個人輸入で入手する場合と、大きく2つに別れます。どちらにするかで、かかる費用は変わってくるのです。

まずは、病院で処方される場合を見ていきましょう。病院の場合だと、たとえば10mgが1500円前後、20mgが2000円前後かかると言われています。病院によってはもっと安かったり、高かったりとさまざまですが、相場はこのくらいのようです。病院では、保険が効かないので、1粒で、この値段ですから、決して安くはありません。
さらに病院だと、診察代もかかります。また1回で終わるものではありませんから、通院代としても薬代と診察代でけっこうかかってしまいます。さらに病院やクリニックへの移動でも、交通費がかかるので、総合的には結構かかってしまうと言わざるをえません。

個人輸入の場合をみていきましょう。この場合には、10mg、20mgともに1500円前後が相場のようです。これも個人輸入サイトでそれぞれ違ってきます。しかし、病院やクリニックのように診察代や交通費がかからないことを考えると安いです。ただ、送料がかかったりもするので、必ずしも差が大きくならないこともあります。
ただ、定期購入や個数を増やして購入すると、安くなるところもあります。たくさん購入しても、湿気や直射日光に気をつけておけば、約2年持つとも言われています。たくさん買って単価を下がることもしてみてもいいでしょう。

これをみて、病院やクリニックが悪いと言うことではありません。病院やクリニックだと、副作用の心配なども解決できるのですから、安心を買っているとも言えるでしょう。
それぞれの方法で、費用をよく考えて、入手してみるといいでしょう。